ちょっとニッチだけど効果は抜群!集中力を高める7つの方法

集中力を高める7つの方法

Aさん
なあなあ、集中力ってどうやったら上がるん?

Bさん
えっ、そんなん自分で調べろよ!

Aさん
それがな、音楽聞けとか、休憩入れろとか、ご褒美を用意しろとかその辺に書いてあること試してみたけど、あんまり効果ないねん。あんた物知りやから色々知ってると思うんやけどいい方法ないん?

Bさん
そんな特効薬みたいな方法あるんやったら、俺も困ってないわ!

 

こんにちは、コピーライター 山本です。

 

起業家や個人事業主にとって、集中力を高めることは収入に直結する超重要事項ですよね?

 

ですが、疲れていたり、仕事に追われていたり、そこに暖かい布団があったり、見たいテレビがあったりすると、なかなか集中力を高めることができない方も多いのではないでしょうか?

 

一般的に効果的だと言われる集中力を高めるための色々な方法を試してみても、冒頭のAさん、Bさんの会話のように、なかな特効薬は見つからないと言うのが現状かと思います。

 

しかし、集中力を高めて生産性を挙げることで、短時間でも効果的に収入を生みだせるようになります。

また、仕事を早く終わらせることができるので、時間に余裕が生まれ、気持ちの余裕を持つこともできるようになります。

 

そこで今回は、あまり有名ではないけれども、効果的に集中力を高める7つの方法をご紹介させて頂きます。

これは、僕がある団体に所属している時にその団体のトップの方から教えて頂いたもので、科学的根拠があるかと言われればそれは分かりません。

ですが、これら7つの方法は僕が実践してみて、確かに効果を感じられるものでした。

 

それではその7つの方法をご紹介します。

 

1.高すぎない目標を立てる

 

「いきなり集中力と関係ないやん!」

と思われた方もいるかもしれませんが、集中力と目標は密接に関係しています。

 

適切な目標を立てることで、その目標を達成する為に全力を尽くすことができるので、結果的に集中力を高めることができます。

 

適切な目標とは、本気で取り組めば達成できそうなところです。

 

明らかに達成出来なさそうな目標を掲げると、どれだけ頑張っても達成する瞬間がイメージできず集中することができません。

 

ですから、達成がイメージできる目標を立てることをおススメします。

 

例えば、

・次の休憩までに○○まで終わらせる

・今月は新規顧客を3人獲得し、総売り上げ100万円を突破する

等です。

 

少し極端な例ですが、

・明日までに2億稼ぐ

・1日で500ページのPDF特典を作成する

等だと、達成がイメージしにくいですよね?

 

そうなると集中力が続きにくくなってしまうので、要注意です。

 

あくまでもイメージできる範囲内で達成出来そうな目標を選択するのが集中力を高めるコツです。

 

2.体を動かす

 

これは「集中力が少し切れてきたかも…」というタイミングでおすすめの集中力を高めるコツです。

 

一旦席から立ちあがって、軽く運動をしてください。

 

集中力を司るのはもちろん脳の役割ですので、脳を活発化させるために血液と酸素を送り込んであげることが大切です。

体を動かすことで血の巡りを良くしてあげてください。

 

僕がやっているのは、腕立て伏せ5回とかスクワット10回とかです。

集中力を高めつつ、筋トレにもなるので非常におススメです。

 

3.他にやることがあっても一旦忘れる

 

集中力を高めるためには1つのことに集中しましょう。

 

ついつい、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃとなってしまうのは分かるのですが、一度に沢山の事を考えると効率が非常に悪くなってしまいます。

 

なので、PC作業の場合は、作業に必要なウィンドウ以外は閉じることが有効ですし、手作業でも作業に関わらないものが視界に入らないようにすることが効果的です。

 

一つずつ片付けることを意識しましょう。

集中力を高めるには一旦全て忘れることがコツになります。

 

4.満腹にしない

 

「腹が減っては戦はできぬ」ということわざがありますが、僕はこれには続きがあると思っています。

 

「腹が減っては戦はできぬ、腹いっぱいでも戦はできぬ」

 

これはただ僕が使っているだけの言葉ですが、満腹は集中力を低下させます。

 

なぜなら食べた物を消化するためにエネルギーが大量に使われるからだと言います。

 

なので、満腹ではなく腹八分目を意識しましょう。

これは集中力を高めるだけでなく、健康面でも効果的なので一石二鳥です。

 

5.深く鼻呼吸する

 

口ではなく鼻呼吸がポイントです。

 

鼻で大きく息を吸って、口からゆっくり吐く深呼吸のような呼吸がポイントです。

 

口呼吸は人間をパニック状態や緊張状態に陥れてしまうようです。

 

なので鼻呼吸をすることで、集中力を高めることができます。

 

6.部屋の温度を管理する

 

アンソニー・ロビンスのセミナーは室温が低いことで有名ですが、人は少し寒いくらいの方が集中できるようです。

 

僕の場合は本気で集中できないときは、パンツ一丁でエアコンをガンガンに効かせて集中力を無理やり高めることなんかもあります。

 

集中力が低下してきたときに試してみて下さい。

 

7.音楽を聞く

 

音楽を聞くと言うと、一般的な集中力を高める方法ですが好きな音楽を聞くのではなく、集中力を高めることに特化した音源を聞いてみて下さい。

 

僕がおススメの集中力を高める音楽は2つあります。

 

1.雨の音

2.ソルフェジオ

 

雨の音は言わずもがなですが、ソルフェジオと言うモノをご存知でしょうか?

 

YouTubeで検索するとたくさん出てくるのですが、ソルフェジオにはDNAを修復したりチャクラを活性化させたりする効果があるそうです。

 

ただ、そういうスピリチュアル的要素だけでなく集中力を高めることももちろんできます。

一口にソルフェジオと言っても色々な音源があるので、あなたの体に合ったものを探してみて下さい。

 

ソルフェジオ(YouTube検索結果)

 

ちなみに僕の体感としては396Hzが一番しっくりきます。

 

聴いてみてもらうと分かるのですが、結構不気味な音源です。

部屋を真っ暗にして一人で聴くとホラー気分も味わえて眠気を覚ますことにも使えるでしょう。

 

まとめ

 

「集中力を高める方法を探す時間があったら仕事しろよ!」

 

と言われそうですが、自分にとって最適な集中力を保てる環境を見つけるために時間やお金を投資する価値は高いと思っています。

 

あまり集中できない10時間と集中できる3時間ではきっと後者の方が生産性が高まります。

 

ですから、自分なりの集中法を見つけて、ぜひお仕事に役立てて頂ければと思います。

 

最後までお読みくださり有難うございました。

ABOUTこの記事をかいた人

山本 真也

BtoC事業専門のコピーライター。起業家や小さな会社の、LP・ステップメール・セールスレター作成からコンテンツ制作まで、販売促進活動の一端を担う。使命は人を幸せにできる人を増やすこと。田舎育ちのために異常に草木と川が好き。趣味は公園でボーっとすること。スーツ姿で公園にたたずむ姿はきっと失業者にしか見えないだろう...。