それでも僕は信じます。

信念

白します。

僕はこれまでの23年間の人生において、2度の詐欺に遭いました。

 

1度目は約2年前、目先のお金に目がくらみ手を出した代理店の案件。

被害額は約4万円程度と詐欺にしては少額で済んだのですが、お金を払った直後から連絡が取れなくなりました。

この時は少し痛い思いをしたなというぐらいでした。

 

そして、2度目はつい最近の約2か月前。

心から信頼できる人だと思っていた人に騙されました。

詳細はまだここで語る勇気が出ないのですが、結構エグイことになってしまっています。

人生の底と言うモノがあるのなら、今が間違いなくドン底でしょう。

(事件が落ち着いたら、事細かくストーリーで書き上げようと思います。

 

特に今回のトラブルでは精神的にしんどいし、生活は苦しめられるし、対人恐怖症になりかけるし、

「なんで僕がこんな人生送らなあかんねん」

とか思うことはあります。

 

ですが、これらのトラブルを通して、僕の中にある確固たる信念が生まれました。

 

僕の信念

その信念とは

「とことん人を信じる」

と言うことです。

 

「なんで、騙されたのに人を信じるのですか?」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もし仮に人間不信や対人恐怖症になってしまったとしても自分はもちろん、周りの人も不幸にしてしまうと思うのです。

せっかくの一度きりの人生を人間不信の悲劇の主人公で過ごしていては前に進めません。

 

僕のプロフィールにも書いてますが、僕の使命は

「人を幸せにできる人を増やすこと」

です。

 

幸せってなんだろう

そこで、幸せについて考えてみると、

「自分を信じる」

「他人を信じる」

「誰かに信じてもらえる」

「信じあえる」

等、

「信じること」が満たされたときに僕たちはかなり高いレベルで幸せを感じることができるのでは?

とふと思いました。

 

そして、これらは全て「まず自分が信じること」から始まるものだと思います。

 

だから、今の僕は人間不信だ悲劇だなんてふさぎ込んでいる場合じゃありません。

 

とことん人を信じて生きていきます。

家族や友人・知人、ビジネスパートナー、お客様等僕に関わる人すべてを。

 

そうすることで、自分も信じてもらえるようになると思うし、「人を幸せにできる人を増やすこと」という僕の使命も果たせるはずです。

 

あなたに伝えたいこと

もしかしたら、今この記事を読んでくれているあなたも人に裏切られたり、騙されたりしたことが一度や二度はあるかもしれません。

もしくは、これからそういったことが起こるかもしれません。

もしそうなると、人間不信や対人恐怖症に陥っても仕方ないかと思います。

 

ですが、一つ忘れないで欲しいことがあります。

「僕たちは幸せになるために生まれてきたということ。」

どんな状況でも、苦しいことや辛いことがあっても幸せになっていいはずなんです。

だから何があったとしても幸せになるための行動を考え、それを実践することが明るい未来への最高の一歩だと思います。

このことを頭の片隅に置いていただければと思います。

 

・・・

かなりとりとめのない話になってしまいましたが、今回言いたいことは以上です。

マーケティングでは情報発信もお客様を中心に構成すべきものですが、今回は思いっきり自己中に書いてみました。

あと、今回の件でサイコパスと呼ばれる犯罪者に多い性質なども勉強したので、あなたの身を守る情報として今後発信していければと思います。

 

とりとめのない話を最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

山本 真也

BtoC事業専門のコピーライター。起業家や小さな会社の、LP・ステップメール・セールスレター作成からコンテンツ制作まで、販売促進活動の一端を担う。使命は人を幸せにできる人を増やすこと。田舎育ちのために異常に草木と川が好き。趣味は公園でボーっとすること。スーツ姿で公園にたたずむ姿はきっと失業者にしか見えないだろう...。