プロフィール

プロフィール投稿

 

山本真也のプロフィール

 

コピーライター/売り上げを伸ばすビジネスモデル構築/高額コンテンツ・セミナー設計

 

コピーライティングを始めたきっかけ

 

僕は、和歌山高専環境都市工学科を卒業後、関西最大手のエネルギー会社に就職し、緊急トラブル対応として工事の仕事をしていました。

 

基本は顧客折衝が仕事だったのですが、協力会社が不在の時は緊急工事として道路のアスファルトをハンマーでたたき割ったり、スコップで穴を掘ったり、配管作業をしたりしたこともあります。

 

いま、学校のグラウンドに落とし穴を作れと言われたら壮大な落とし穴を作れる自信があります(笑)

 

っていうのはさておき、仕事は楽しく、職場の同僚や先輩もいい人ばかりで、とても充実した日々を送り、このままいけば一生安泰だろうなと思っていました。

 

しかし、僕が最もお世話になっていた先輩のひょんな一言から人生が動き始めたのです。

 

「そろそろ彼女作れよ」

 

この一言をきっかけに、プライベートも充実した生活を送ろうと、勇気を出して一人でパーティー(※婚活じゃありません(笑))に出席した時に、僕の人生を変えるきっかけとなった人と出会いました。

 

その方は年上の女性だったのですが、とにかく話が面白い!

 

今まで僕が触れたことのないビジネスの世界のことをたくさん教えてくれる!

 

この方との出会いを通じて僕は、本当に狭い世界の中でしか生きていないということを実感したのです。

 

そして、サラリーマンも悪くはないが、この先の人生を会社の歯車となって生きるのではなく、何にも縛られない自由な人生を生きたい!との思いが芽生え、独立を志すようになりました。

 

トントン拍子に成功はできないという現実

 

後々、僕に影響を与えた女性からのお誘いでMLMをはじめました。

 

ですが、大阪に人脈は無いし社会経験も浅い僕にとって、MLMは難航を極めました。

 

人脈を作ろうと、色んなイベントに参加したり梅田の駅地下で道に迷ったふりをして声かけしたりしましたし、何とか勧誘しようと、毎月20人~30人の方に会う様になりました。

 

毎日声をかけても、人に会ってもなかなか結果にはつながらない。

そして怪しまれるばかり、、、

 

僕はそんな自分に嫌気が差して、約4か月でMLMを辞め次のビジネスを探しました。

 

晩ごはんは1食30円程度の納豆ごはん

 

次に始めたのは仲介ビジネスでした。

 

そのビジネスの初期費用として、約200万円の借金をしました。

MLMで貯金は無くなっていたので、全て借金、しかも消費者金融で各社約50万円ずつ計4社、大手消費者金融はほぼ網羅したんじゃないでしょうか(笑)

 

しかも、まだこの時、サラリーマンは継続していたので、二足のわらじでなかなか大きな結果は出せず、借金返済と一人暮らしの家賃を捻出するために、晩ご飯は実家からの仕送りの白米と1個当たり30円程度の納豆を主食に生活する日々がしばらく続きました。

 

突き抜けた成功はつかめず、ここでもまたイベントや、転売等の他のビジネスに手を出したりしました。

 

でも結局うまくいかない、、、。

 

そんなモヤモヤが続き、自分の進むべき道に迷いを感じていた時に、約5日間の自分探しの旅に出ました。

 

コピーライティングとの出会い

 

わずか5日間程度の旅でしたが、そこで気付いたことは、自分一人で何かを達成するのではなく、他人と協力して事を成し遂げることに強い情熱を感じるという自分の価値感でした。

 

それとほぼ同時期に、書店でたまたま見つけた神田昌典さんの禁断のコピーライティングという本を読み、コピーライティングというスキルに非常に感銘を受けました。

 

また、他人と協力して事を成し遂げることができるという自分の価値感にもマッチすると考え、コピーライターになろうと決心したのです。

 

それから、コピーライティングのスキルを学ぶために月に一回東京で開催されていた高額セミナーに参加しました。

土曜日のセミナーに向け、金曜日の夜行バスで東京に行き、土曜の夜行バスで大阪に戻るという生活を半年続けましたし、家でも毎日写経したりと会社の仕事以外の時はコピーライティング漬けの毎日を送りました。

 

ありがたいことに、コピーライティングを始めてすぐにクライアントには恵まれたものの、クライアントの期待に応えられずに、プロジェクトにブレーキをかけてしまったり、反応が全く出ないコピーがあったりして、またしても諦めそうになった時期がありました。

 

しかし、コピーライティングに出会ったときに感じた可能性とそこにかける自分の情熱が打ち勝ち、諦めずにこれで食っていけるようになろうと強く誓ったのです。

 

少しずつ結果が出てきた日々

 

その結果、毎月15名程度だったインターネットビジネスのセミナーに40名以上集客できるようになったり、自分が書いたコピーから売り上げが上がるようになり、無事200万円の借金を完済。

 

そして、2015年4月にサラリーマンを辞め独立しました。

 

そして現在

 

現在はBtoC ビジネスを行う小さな会社さまや個人事業主さまを対象に、コピーライティングを活かして集客、販売に使えるWebページの制作や、ビジネスパートナーとしてコンテンツ制作やマーケティングにも積極的に関わり、人を幸せにできる商品やノウハウを持った人が活躍できる仕組みと環境を整えることをモットーに活動をしています。

 

クライアント実績一覧:

・メルマガを導入した1か月後、約25万円の高額バックエンド販売に成功

・30万円の個別コーチングプランを構築した直後に契約獲得

・コラボセミナーへ40人集客し、15名に対しバックエンド商品成約

 

僕にできること:10点の魅力を10点で伝える

 

世の中には、まだ多くのお客様に選ばれることのできていない、素晴らしい商品やノウハウ、そして熱い想いがたくさん埋もれていると思います。

 

しかし、商品やノウハウの魅力を10点とした時に、3点、4点分の魅力しかお客様に伝えられていないという方が多いように思います。

 

もっと多くの方にこの商品を届けたいのに...

自社商品、ノウハウの魅力をきちんと伝えられない...

WEBが苦手で使いこなせない...

 

そんな悩みを持った、小さな会社さまや個人事業主さまに対して、10点の魅力がある商品やノウハウの魅力をきちんと10点で表現し、その魅力を多くのお客様に届ける一連の仕組みを提供させて頂きます。

 

また、商品を一度提供して終わりではなく、継続的にビジネスの成長をサポートします。

 

(※10点の魅力を11点や15点に見せるのは誠実さに欠ける行為なので、そういった仕事はお受けいたしません)

 

山本真也の略歴

◆1992年1月12日生まれ。彼女を作れと言われたことがきっかけで始めたビジネスですが、気づけばビジネス一直線になってしまっていました...。そろそろ頑張ります。

◆和歌山県みなべ町出身、紀州南高梅が有名なところで実家も梅農家です。ちなみに、僕は梅干しを食べられません。

◆家は超田舎で最寄り駅まで車で25分くらいかかります。中学生までの遊びは川で魚を捕まえること、田んぼや山を駆け回ること、スポーツすることでした。

◆15歳で和歌山高専に入学し5年間の寮生活を送っていました。劣悪な生活環境で生活することと家事(料理以外)は結構得意です。学生時代はたまに「オカン」と呼ばれることもありました(笑)

◆20歳で大阪に出てきて、3年で会社を辞め今は独立しています。

◆性格 ⇒ 強烈な負けず嫌い、几帳面さと大雑把さが同居している、失敗からの立ち直りが早い、打たれ強い

◆好きなモノ ⇒ 仕組みを考えること、自然、スピリチュアル、アート、ファッション、お酒、散歩

◆苦手なモノ ⇒ ゴリゴリ来る人、目的の無い大人数の集まり

◆2015年のテーマ ⇒ 死ぬこと以外かすり傷

 

僕のやりがい

 

途中にも書きましたが、僕の喜びは誰かと協力して事を成し遂げることです。

 

ですから、あなたやあなたの会社の商品やノウハウをもっと多くのお客様に届けて、沢山のお客様の喜びや幸せを生みだすことが僕の仕事のやりがいです。

 

ミッション

人を幸せにできる素晴らしい人や商品・サービスが

この世に広まる環境・仕組みを作り、

それをサポートすることで、

人を幸せにできる人を増やしたい

 

この想いで仕事に取組みます。

 

ビジネスの魅力を引き出し、売り上げを伸ばしたいという方はまずは気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

バナー1

ABOUTこの記事をかいた人

山本 真也

BtoC事業専門のコピーライター。起業家や小さな会社の、LP・ステップメール・セールスレター作成からコンテンツ制作まで、販売促進活動の一端を担う。使命は人を幸せにできる人を増やすこと。田舎育ちのために異常に草木と川が好き。趣味は公園でボーっとすること。スーツ姿で公園にたたずむ姿はきっと失業者にしか見えないだろう...。